スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告

Into the coffin of roses for you.

201608121

さぁ〜〜〜8月が終わるぞ〜〜〜!こんばんはshellでございます。
あっという間に9月ですよね…いつもいつも言ってる気がしますが、時が流れるのが早すぎて白目です←
地元は台風もかすった程度で済んだ今日この頃、本日は前回のトルテさんで撮影会写真の続きです。
お昼ご飯を食べた後に、この日の目的でもあったドール用棺桶での撮影を致しましたぞ〜〜v
ノエくんよりも先にミラ殿も突っ込んで撮影していましたが、それはまたコンセプチュアルな感じになったので別の機会にしまして…。
ノエくんはTwitterでお世話になっているFさん宅の桃ちゃん(BJD CROBI M-line girl Reina)と一緒に棺桶に入ってもらいましたv
この日のアダルト組ペアでございました(笑)

【Session】Into The Roses 3

ノエくんもボディはCrobiさんちのM-line男子ボディなので、ボディだけではありますがCrobiさんちのM-lineコンビとも言えます。
とはいえ最初はReinaちゃんヘッドとAdrianヘッドの大きさがだいぶ違うため、どういう構図にするかかなり苦戦。。
「これは何をどうしたらいいんだ??!!」とオーナー二人あーでもないこーでもない…。
桃ちゃんだけ棺桶に入ってて、ノエくんは外からそれを眺めている図を思い描いていたのですが、どうも纏まらない。
諦めて二人とも棺桶に突っ込んだんですが、やっぱりしっくり来ない。
もうこうなったら、と棺桶の大きさ(90cmくらいあります)を活かして、上下に差をつけることに…。
すると丁度桃ちゃんの脚にノエくんの腕が来るので「いっそ絡めてしまえ〜〜!」と思い切ったところ、あっという間に纏まってこのようになりましたとさ(笑)
お顔の位置がこれだけ離れているとあんまり差が気にならないのでオッケーオッケーv

201608126

201608127

桃ちゃんとノエくんそれぞれv
桃ちゃんはなかなか意思のハッキリしたキリリとした女の子、に対してぼや〜〜〜っとして弱そうなノエくんです。。
桃ちゃんのボディは胸のパーツがLサイズということで…ええ、はちきれんばかりの素晴らしいおっぱいでした←
もうお洋服の上からでも解るおっぱい感()
同じ幽霊ドレスを着用していたミラ殿のちっぱいと並べると何だか切なくなる有様です(…)
幽霊ドレスは凄くこの棺桶もマッチしていて素敵v
ミラ殿の着ている我が家の幽霊ドレスさんはかなり焦げや破れ等のダメージカスタムをしてもらっているので、プレーンな感じの幽霊ドレスさんが拝見出来て嬉しかったです〜v
ノエくんの着ている生成りカラーのセーラー服ともマッチしていて良かった良かった。

【Session】Into The Roses 2

ところで一つビックリだったのが、桃ちゃんはノーマル肌だという事…!
うちのノエくんは白肌(ボディの方もSoft White肌)なのですが、ほぼほぼ色差がなくて「えっ?ノーマル?」という状態に…。
写真でも色差が殆ど無いですが、肉眼でも同じような感じでした…。
最近のCrobiさんのノーマル肌は白いともっぱらの噂でしたが、実際に拝見して「こういう事か…」と納得。
という事は今出ているMilk White Skinなんかもっともっと白い…ということなのだろうか…。
そういえば少し舞えにやっていたセルフセレクション?にクッキークリーム肌のチョイスが加わっていて「おおお!」となりましたよねv
一瞬だけ迷った私がいる…大きいセナを…なんて…そんな…大丈夫(笑)
でもForgotten Lanceメイクのクッキー肌R-lineなLanceくんってカッコいいと思うんだよな〜〜〜〜←

【Session】Into The Roses 4

というわけで、続きよりイン棺桶な二人の写真が置いてあります。
退廃ポエミーもどきな文章がついているので軽くスルーして頂けると幸いです。。

この特注の棺桶も、沢山の薔薇も、全て無料でレンタル出来るというのが素晴らしい…!
スタジオトルテさんとスタジオサイトルさんで月ごとに移動をしているようなので、今度はサイトルさんでも使ってみたいです〜〜v
棺桶の月とはバッティングしませんでしたが、9月には初サイトルさんに行って参ります!
9月も色々お出かけ出来たらな〜と思いつつ…shellでした。
【Session】Into The Roses 1
君と秘密の場所。


201608122
縋り付いた脚はひんやりと冷たい。


201608125
唇と首に触れた細い指もまた凍っているようで。


201608123



2016081210
薔薇ばかりが瑞々しく生気を帯びていて、濃い香りが身体を満たす。


2016081211
浸食されるような蝕まれるような、しかし甘美なこの場所で。


2016081213
貪るように眠りたい。


2016081214
なんつって(笑)ここまで見て頂きありがとうございました〜!
.30 2016 Mix and Photo session
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。