スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告

薔薇を食む一族

【Mira】Rose rose rose

こんばんは!今日はお耽美…というか薔薇・薔薇・薔薇でお送りします(笑)
写真は去年の春くらいに(…)京都のスタジオサイトルさんにて、いつもお世話になっているりうさんとスタジオシェアで撮影した時の物の一部です。
このように…スタジオ等に行って撮影してるものの、出し切れていない写真が結構な量あったりして…(白目)
一回で記事にしきれないので、小出しにしていく感じで頑張っていこうと思います…。
時間が5時間くらいだったのと、2人で目いっぱいスタジオのセットを使ったのでお人形も1人だけ…ミラ殿のみに絞っています。
ちなみにこの時の写真で着せているお洋服は、りうさんにお借りしたものです~~!有難うございます…!
当日着せて行ったお洋服の写真や、りうさん宅のお人形の写真等もありますが、量が多いのでまた別の時に。
それにしてもミラ殿凄く黒系の服が似合う…。

【Mira】Rose rose rose

薔薇を食む一族とタイトルを打ちましたのは、先日も書いておりました宝塚公演!の「ポーの一族」を観劇して参りましたので、ちょっとBlogの主旨とは外れておりますが、書きます!!!
でもあながち完全に外れているわけでもない…というのも私がお人形オーナーをやっている中で、かなりこの「ポーの一族」という作品から影響を受けているので…。
ミラ殿やロアくんのヴァンパネラという設定も、ポーの一族から来ていますし、トーマとケイカもヴァンパネラではないものの2人のイメージそのものは登場人物のエドガーとアランから来ています。
というわけでミラ殿のヴァンパネラっぽい写真と共にお送りする感じです(笑)
以下、初宝塚レポとポーの一族の話が続きますので、興味のある方はお付き合いください。

201802011

前職及び現在の職業の都合上、割と「宝塚」に間接的に触れる機会は多かったのですが、観劇をした事もありませんでしたし、特に「行こう!」と強く思った事はありませんでした。
むしろ、何だかシステムが特殊で良く解らないし、面倒そうだな…とすら思っていました。。
が、「ポーの一族」が宝塚で舞台化されるとなった時、ガラリと事情が変わった(笑)
「そうか…ポーの一族が宝塚でというはもの凄く有りなのでは?!」と。
で、明日海さん演じるエドガーのビジュアルが公開された時に一発で「よし、行こう」となったわけです←
しかし、正直チケットの取り方等よく解らず…。
わたわたして逃していたのですが、宝塚に造詣の深い方よりチケットを譲ってもらう事に…!
しかもS席の殆ど真ん中という神席をお譲り頂きまして、感謝しかありません。。
かくして、単身初めての宝塚大劇場へ乗り込む次第となりました。

201802012

降りるのも初めてだった宝塚駅。平日小雨の降る中、迷子にならないか心配でしたが…そんな心配必要無かった!
目的を同じくするであろうお姉様方の波にふんわりと乗って、あっという間に大劇場にたどり着きました(笑)
中はやはり人で一杯で…複数の箇所に分かれた物販、特にホールに近い所にある役者さんのグッズ類が置いてあるブースは人でごった返しておりました。。
私も少しだけ、プログラムとかポーの一族関連のグッズを手に取って列に並んだのですが、見渡す限りお姉様方の手中のお品の数が凄いこと凄い事…それをなかなかのスピードでレジの店員さん達がバッサバッサと捌いていきます。
無事にとぐろを巻いた物販列から脱出し、チケットを出してホールの中に入りますと、お手洗いブースもなかなか画期的で…完全一方通行制なのですね〜〜〜!いや〜…なんか感動しました(笑)
客席に入る直前くらいの所には、軽食の販売ブースもあって、やはりガンガンに売れていましたね…。
…一体宝塚は物販だけで1日にどれだけの収入があるのかな〜……勿論ヘビーに通ってらっしゃる方はお弁当持参とかなのかもしれませんが。
観劇中は勿論ダメですが、幕間の休憩中等に客席内で飲食可能なのは楽で良いな〜と思いました。
丁度お昼時ですし、30分もあればしっかり食べれる…(観劇中地味〜に腹が鳴ってた私である)

201802014

前から9列目のほぼ真ん中の席ということで、全体を見渡せつつも前に出て来た役者さんの顔も見える良い位置で、最初だというのに本当に贅沢をさせてもらいました。。
オケピの前にもせり出しがあるので、そちらに役者さんが来られると「わ〜お近い!」という感じv
結構セットも大掛かりでガンガン転換していってたので、かなり見応えがありました…!
何より、エドガーそしてアランが美しい〜〜〜〜〜!!!!!動いてる〜〜〜〜!!!!
なんていうか、メインの男役2人が所謂完全な青年ではなく少年を演じていた…というのが宝塚初心者の私としてはかなり取っ付きやすかったです。
やはり慣れていない者にとって、女性が男性を演じているのに直球で入って行くのは難しい所があるんですよね。。
ですが、少年という…まだ育ちきっていない男の子の役となると、これがまぁしっくり来る来る。
むしろ「ポーの一族」のような少女漫画の少年の…あのほっそりとしなやかな体つきや動きは、女性が演じてこそ正解だと思いました。
それくらい、身体のラインが漫画そのまんまだったし、やりすぎなくらいじゃないといけない耽美さもキメのポーズによって活かされていた…。
少女漫画の過剰な耽美さ(正に耽美過剰)を、普通の芝居で表現するのは無理があるので、ポーの一族は宝塚で正解なんだな〜〜〜って!
もちろん、短い時間で纏めないといけない都合上「あ、ここ端折っちゃうのか…」っていうのはそこかしこにありましたが…概ねこんなもんだったと思います。ポーの一族は1話完結のオムニバス形式で、漫画の時系列も結構バラバラですしね。

201802015

私は完全に「ポーの一族」のファンであって、生粋の宝塚のファンではありませんが、ハマる理由というのはなんとなく解りました。
他の作品がどうかは解らないけど、あの衣装チェンジの多さ…(女子は衣装チェンジが好き)
あと扱う題材や劇中の曲の曲調が日本人の大好きな歌謡曲や演歌の風味を感じるんですよね。
劇団四季などは何度か観劇していますが、ダンス等も含め…ちょっと言葉では現せないけど、全然質感が違うなと…。
フィナーレあたりになると、もはや演目の題材関係なくなっちゃいますが(笑)いや〜面白かったです!

大好きな作品の舞台。
原作読み返すとホロリとしてしまいますが…舞台でも、堪えてはいたけど、やっぱり最後ホロリと来てしまった…。
アランの絶望と「助けて!」という痛々しい叫び、エドガーの「おいで、一人ではさびしすぎる」という悲哀の言葉。
役者さんの演技が乗ったことで、また一層ぐっと来たところは大いにあるので…観劇って良いものです。
ポーの一族は最近新作も出ましたね!もちろん購入済みですよ〜v
絵柄は変わってしまっていますが、やっぱりエドガーが最高に好きです。
直前に原作を読み返さずに宝塚版に挑んだけれど、もう何度も読んでるからだいたいのシーンは覚えていた(笑)
でもまた懲りずに読み返します。春の夢の後には新作は出て来るのかな…?
ともかく、個人的にはお人形者の必修科目に入れて頂きたいくらい好きな作品です。
(お人形者必修科目ってなんだ?って感じだけど…ローゼン・メイデンと観用少女あたりかな〜〜?)
もしもポーの一族のお人形が出て来るなんて時があったら……エドガーとアランとメリーベルのドール…なんて妄想はもう何100回ってしました(笑)

【Mira】Rose rose rose

ここいらでミラ殿の話もしましょう。と、言ってもそこまできっちりとした設定をつけているわけじゃないのですが。
彼女はポーの一族と同じ仕組みで生きているヴァンパネラ…本当それだけなんですよね。
出自とか、どうしてヴァンパネラになったのか?とかまではあんまりきちんと決めてはおりません。
でも、過ごして行くうちに、そういうのも少しずつ出て来るんじゃないかな〜って思っています。
我が家は割とストーリー後付けタイプの家なので(笑)
最初にキャラクターがあってドールにするわけじゃなくって、最初にお人形が居てそこから少しずつキャラが出て来るという…完全に逆パターンです。
ミラ殿は…かなり身分の高いお家の出身で、きっと元は身体がそんなに強くなかったんだろう、そして酷く悲しい事があってヴァンパネラになったんだろうなって。
ヴァンパネラになるという事は、酷い絶望だったり、底知れない孤独だったり、そういうものを経て人で在る事をやめる……そうして時を旅しながら、少しずつ家族を作る。
ヴァンパネラになったミラ殿は、どっちかっていうと強い方だとは思いますが(笑)
今はここで、他の子達とまったり暮らしています。
彼女はいつか過去を語ってくれるでしょうか〜?

【Mira】Rose rose rose

と、いうわけで、長くなりましたが続きにはごそっとミラ殿の写真が置いてあります〜v
こちらの棺桶の神セッティングはほとんどりうさん作です…オーナーさん方本当にセット組むの上手いですよね…!
何度撮っても棺桶は楽しいので、是非機会があればロアくんも突っ込んであげたいですv
薔薇にまみれつつ…shellでした^^
201704255
椅子と天蓋で結構スペース使った割にはなんだか良く解らないセットになってしまったミラ殿…


201704254



201704251
ちょっと歌劇風な感じもする…かも。


201704256



201704257
ノーマルな柵のスペースに蔦とバラの造花で無理矢理蔓薔薇風に仕立てています(笑)


201704258
まぁでもちょっと…薔薇が大きすぎるような…。


2017042510
窓の明かりと形がいい具合に入りました。


2017042512



【Mira】Rose rose rose
彼女もまた、薔薇のエナジーが主食です。


2017042514
定番棺桶シリーズ!


2017042515



2017042518
セットの殆どの部分はりうさんセッティングです…神かな…!


2017042519
どうしてもポージングが男前に。。


【Mira】Rose rose rose
ここまで見て頂き、ありがとうございました〜v
.02 2018 深薇(SDgr PS-bisque 夢天使霞RG)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。