冬の春秋山荘へ、お人形に会いに

201612111

どうもこんばんは、秋は食欲が凄かったですが冬は眠気しかない…shellでございます。
睡眠欲求が強すぎて、寝ても寝ても寝足りない……完全に冬眠体勢です。
そもそも秋にご飯もりもり食べてたのも冬ごもりのそれじゃないか…熊か何かなのだろうか。。
まぁそんな眠気に負け過ぎの12月ですが、なんとかその眠気を押してお人形を見に行って来ました!
晩夏以来の京都山科、春秋山荘です。
10月にも本当は行きたかった…というか行くつもり満々だったのですが、仕事や体調不良や何やらが重なりまして。。
今回なんとか開館日と休暇が重なったので、短時間ではありますが別世界へv
お人形やカメラも全然触れていなかったので、せめて、濃密な空間でお人形を見たい…と、ある意味現実逃避の旅でございました。。

しかし今回は、前回と違って曇り〜の晴れ!
地元は小雨でどよ〜んとしておりましたが、電車で西へ行くにつれて晴れて青空が見えました。
紅葉はもうシーズンが過ぎてしまいましたが、またあの山の別の顔が見られるだろうな〜とPentaxのMX-1も鞄に忍ばせて。
山科に着いてから、春秋山荘の会館時間まで少し時間があったのでお昼休憩ぱぱっと取ってからテクテクと山へ。
超駆け足ではありましたが、毘沙門堂の境内まで入ってみたりしてました。

201612104

201612107

2016121012

そんなお散歩写真は続きにどっちゃり纏めてあるのですが、やはり快晴だとカラフル!
道中は日差しがあって気持ちよかったです〜v木々も色づいてて綺麗。
紅葉の落ち葉は随分と色あせていましたが、葉を落とすのが遅れた子はまだまだ綺麗。
それにしても毘沙門堂の落ち葉量は凄かったです…出来ればシーズン中に…せめて落葉が色褪せちゃう前に来てみたかったところ。。。
でも人もすっごく多そうですね〜〜〜。。
この日も土曜日だったので、それなりに観光客がいらっしゃいました。
うん、でも京都にしたらかなりゆったりとした人数だと思うので、穴場なのかもしれませんね〜。

2016121014

2016121013

さてさて久々の春秋山荘さん…も落ち葉が凄かったです!
入り口の柵の所に今回の展示のフライヤーが貼ってありました。
私のお目当てはもちろん西條冴子さんの創作のお人形の展示ですv
以前よりお写真はよく拝見していたのですが、実物を拝見する機会は無かったので…とても楽しみにしておりましたv
山荘に入るとすでに何名かお客さんが来ておりました。
私も受付をすませて、すすすっとお座敷に上がります。
やはり京都のお家…しかも山荘ということで、非常にひんや〜〜〜〜〜〜〜りとしている屋内…。
囲炉裏に火を入れてらっしゃったのですが、それでもきーんと寒く…。
息も白かったのですが、なんとなく、あのひんやりした空間にお人形は合っているなぁと感じました。
お人形もやっぱり触れるとひんやりしているからかな。
囲炉裏の近くにはおそらく恋月姫さんのコンセプトドールも置かれていて、やはりお値段…!となりつつも素敵なものはとても素敵v

西條さんのお人形の展示は二つある小さな個室の、畳のお部屋の方にありました。
いや〜…ボキャブラリーが死んでるので、上手い言葉が本当に見つからないのですが、素晴らしく濃密な世界観。
耽美さと妖しさと儚さと不思議さ、そしてやはり創作さんならではの毒や怖さがたまらない。
ラプンツェルなのかな?大量の三つ編みの髪の毛が這う室内にかたつむりの殻からにゅっと出た指がなんとも不思議可愛い"指つむりさん"がいっぱいお散歩していました。展示が本当に素敵。
指つむりさんはお値段ついてないのですが、購入出来るのなら1匹お迎えしたかったです。。
でも来た人みんなお迎えして帰っちゃいそうな愛らしさだから、展示室から居なくなっちゃうのも寂しいですね。。
そしてお人形さん達…畳から伝わる冷気もなんのその…たっぷり5周くらいじと〜〜〜っと見て来ました←
スッと切れ長で伏した目のお人形さんは、どの子も肌の色がとても不思議で綺麗。
そしてどきりとする程色っぽい表情をするので、私は「この角度から写真撮りたい…」と角度や表情探しに夢中になっておりました←
特に印象に残ったのは眠っている真っ白のお人形と、その足元にちょこんと座って眠っていた黒いドレスの30cmくらいの小さな少女のお人形です。
このサイズ小さなお人形は1体だけだったのですが、以前マリアの心臓で見た可淡さんのお人形にちょっと雰囲気が似ていて…かなり惹かれました。
が、その小さな少女は販売品ではなかったようで、値札が付いていなかったのですね〜。。。。
販売してたらおそらく連れて帰ってたなと思います…はい。。聞いてみたら良かったかな?
でもそんな勇気は無いのでした…(ザ・チキン)

201612114

夕方から家の予定があったので、今回も時間に追われる様に山荘を後にすることに。。
この日は山荘イベントもあったようで、そういうのにもいつか参加してみたいな〜と思いつつ、
帰りに西條さんのお人形の写真集を購入いたしましたv
レースとロザリオが似合うお人形さん達だな〜と思うので、添えて撮ってみました。
氷のロザリオがこの日のイメージですね。
写真集はまだざっくりとしか眺めていないので、次のお休みに沢山眺めなくてはですv

というわけで続きにもっさりとお散歩な写真がございます。
今回も一切お人形写真が無くて申し訳ないです〜。。
しかもMX-1のモードをJpeg書き込みのみの状態にしていたのでRAWで写真残せず…悔しい…。
MX-1は風景撮りが楽チンで良いです。下手に広角レンズで撮るより上手く行ってるかもしれません。。

最後になりましたが、なんとこの年末もギリギリに我が家に新人さんが来る事になりました^^
今年は無いだろうな〜と思っていたのですが、素敵な縁をありがたく思います。
お披露目するのは年明けになりますが、どうぞまた見て頂ければ幸いですv
201612101
ついにこの毘沙門堂の急階段を登ったわけですが…息切れして倒れるかと思いました。。
運動不足を痛感いたします…。


201612102
時間が無くて本堂には入れませんでした、今度は入りたいな〜!
南天がとても鮮やかで、道中の住宅街のお庭にもたくさん生っておりました。


201612103
すでに落葉しきった感が…でもまだ1本だけ頑張ってた(笑)


201612105
盛りの時期だと凄いんだろうな〜…赤さも人も。


201612106
気を取り直して、春秋山荘までの道。前回来た時のじめじめした雰囲気と一転…めちゃめちゃ爽やかでした(笑)


201612108
上を見上げるとカラフル。ランニングコースになっているのか、ランニングしてる方と結構すれ違いました。


201612109



2016121010
山に差し込む陽の光で、葉っぱがキラキラ…。


2016121011



2016121015
毘沙門堂前のハイキングコースの入り口らへんの川。ここも落ち葉がすんごかった。


2016121016
色が褪せてしまっていたけど、落葉ほやほやの時は真っ赤だったの想像する…やはりまた来なくては。


201612112
ここまで見て頂きありがとうございましたv
.12 2016 Artist doll(作家さんのお人形)